自分や他者の動画を、ネット上で安全に楽しむために知っておくべきこと

>

どんなトラブルがあるのか?

どんな危険性があるか

・顔出し動画
素顔を出した動画を公開することによって、知り合いが見ればすぐに、どこの誰だと知られてしまいます。
動画は親しい友人だけでなく、不特定多数のユーザーにも見られているのです。
友好的なユーザーもいれば、悪意のあるユーザーもいます。
画像を悪用されたり、ストーカー被害へ繋がったりもします。

・出会い目的
動画を楽しむのではなく、恋人作りの為に利用するユーザーもいます。
コメントやダイレクトメールなどで、個別にやりとりをしようと誘ってきます。
しつこく言い寄られたり、画像を見せてほしいと頼まれたりもするのです。

・動画撮影を優先した為の迷惑行為
テーマパークや飲食店など公共の場での撮影や、無関係の人へ関わり迷惑をかけている動画があがる事もあります。
迷惑行為や違反行為だという意識のないまま動画を投稿し、逮捕へ繋がるケースもあるのです。
運営側も、不快になる動画を見かけた時は通報をと呼び掛けています。

実際の例

・ダンスの動画を顔を隠さず撮影し投稿したところ、その動画が別サイトなどに転載されていた。
結果素顔と合わせて制服から個人が特定され、見ず知らずの人に声を掛けられた。
・動画を投稿している事がクラスメイトに知られ、いじめの原因へ繋がった。
・別サイトへ『まとめ動画』として転載され、中傷の的にされる。
・小学生の女児が親に内緒で、顔を出しての動画を投稿していた。
容姿に興味を持ったようなコメントがいくつかついていた。

アプリ内では利用する年齢に指定がありますが、実際の所はユーザーの低年齢化が進んでいます。
小学生の利用も見られ、親の目が届ききらないこともあります。
家庭内、または学校内でのアプリの利用を禁止している場合もあるようです。


この記事をシェアする